iPad Pro12.9インチが欲しいので11インチから買い換えるメリットを考える

iPad

 去年の6月に購入して以来、お絵かきマシンやメモ帳、タブレットとしてほぼ毎日使い続けている11インチiPad Pro。11インチiPad Proには大満足しているけど、ある日急に12.9インチモデルが欲しくなってしまった。

 というわけで、11インチiPad Proから12.9インチに買い換えることによるメリットとデメリットをこの記事を書きながら考えてみることにする。

11インチにした理由

 そもそも去年の6月に買ったとき何で12.9インチのiPad Proにしなかったんだよという話になってしまうんだけど、当時も自分なりに悩んだ末の11インチという決断だった。

その理由は下記

  • 12.9インチは大きすぎる
  • 11インチでも画面は狭くないはず
  • 12.9インチは高い

順番に説明していく。

12.9インチは大きすぎる

iPad Pro - 仕様
解像度、サイズ、重量、バッテリー駆動時間、容量など、iPad Pro Wi-FiモデルとW-Fi + Cellularモデルの詳しい仕様をご覧ください。

 1番の理由がコレ。12.9インチは本体とSmartkeyboardfolioを合わせると重さが1キロを超えてしまい、サイズも重さも13インチクラスのノートパソコンと大差なくなってしまう。

 個人的にタブレットはスマホより大きい画面でパソコンより手軽に扱えることに存在意義を感じているので、1キロ超えられてしまうとパソコンで良くない?と思ってしまう。

 どうせ10万以上の買い物をするのであればスマホともパソコンとも差別化できる11インチのほうが良いかなと思った。

11インチでも画面は狭くないはず

 11インチiPad Proを購入するより前に10インチのAndroidタブレットで絵を書いたりしていたんだけど、そこまで画面の狭さを感じることはなかった。だから11インチでも作業性や画面の広さは十分だろうと考えて、それよりも持ち運びやすさや取り回しの容易さを重視して11インチの方を選んだ。

12.9インチは高い

 12.9インチは11インチと比べて2万2千円高い。当時は今より生活が不安定だったので、画面の大きさ以外何も変わらないのに2万円以上追加で投資することにメリットをほとんど見出すことができなかった。

 つまりコスパを優先して11インチモデルを購入することにした。

12.9インチが欲しくなったわけ

 そんな理由で11インチを購入して、1年間愛用し続けてきたんだけど、1年間で多少は絵が上達して、レイヤーをたくさん重ねた凝った絵を書くことも増えてきた。それにSplit Viewを使って参考資料を提示して、それを参照しながら書くことも増えてきた。

 ところが画面分割すると流石に窮屈さを感じることが増えてしまった。1つのアプリしか画面に表示しない状態なら11インチでも画面が窮屈に感じることはほぼ無かったんだけど、流石にマルチタスクは11インチだと快適じゃなかった。

 それから、最近Wordpressのアプリを使ってiPadでブログを書き始めるようになったんだけど、これも11インチだと少し画面が窮屈に感じてしまう。

 12.9インチの画面の大きさからくる作業領域の広さは魅力的。

12.9インチに買い替えて便利になること

画面が大きくなる

 ぶっちゃけて言うと12.9インチが11インチを上回るのはこれだけ。正直それ以外は高いし重いしかさばるしで良いことなんか一つもないんだけど、とにかく11インチよりも2インチ分、対角線で約5センチ大きな画面こそが12.9インチの唯一にして超重要なメリット。

 5センチというと大した差でないように感じられるけど、iPadはパソコンと違ってディスプレイと使用者との間にキーボードを挟まないで使うことが多い。つまりパソコンやテレビより画面に近づいて使うのでこの5センチの差はかなり大きい。

 この画面の大きさの差は絵を描いたり、パソコンライクな使い方をするときに非常に役立つと思う。

12.9インチに買い替えて不便になること

 逆に12.9インチに乗り換えることによって不便になってしまうことも考えてみる。

片手で使いづらい

 今の11インチはSmartKeyboardFolioと合わせても重さは700グラムぐらいで、片手でiPadを持って支えながら片手でApplePencilを使ってメモをとると言った片手で持つ使い方も余裕。

 12.9インチはSmartKeyboardFolioと合計で1キロを超えてしまう上に、サイズ自体が大きく重心が上に行ってしまう。カタログ上の数値以上に重く持ちづらくなってしまっているのではないかと懸念している。

 片手で支えて使うのは11インチより難しいのは間違いない。

持ち運びが不便

 大きさも重さも11インチよりアップするだろうから持ち運びも不便になるはず。それに11インチならすんなりと入れることができたバッグに12.9インチだと入らない可能性だってある。

 持ち運ぶための手提げバッグやバックパックも12.9インチにしたら見直さなきゃいけない可能性がある。

 例えば以前使っていたショルダーバッグは11インチiPadProがぎりぎり入るサイズだから、12.9インチに乗り換えるとショルダーバッグに入れて持ち運ぶことはできなくなってしまう。もうそのショルダーバッグは壊れてしまったんだけど。

最適化されていないアプリが使いづらい?

 これに関しては確信が持てないんだけど、12.9インチだとiPad向けに最適化されていないアプリが使いづらくなってしまっている可能性がある。

 インターフェースがiPad向けには最適化されていなくて、iPhone向けのアプリの表示を大きくしただけでタブレット上では使いづらいアプリが少なくない。

 そういうアプリは縦表示にしか対応していなくて、横持ちの状態でも縦表示のままになってしまう。

 こういうときに11インチであればすぐに画面を持ち替えて対応できるけど、12.9インチだとサイズも重さもあるので物理的な負担が大きくなってしまう。

 イラストの作成や写真の編集のようなクリエイティブなアプリにはそんなアプリは殆どないけど、動画配信サービスや一部SNS、ゲームアプリの中にはiPadではアプリ側の問題で使いづらく、画面の大きさを活かせない可能性がある。

 画面の大きさを活かせないだけならまだしも、最適化がされてないがために使いづらいのはごめん。

今月出ると噂の新型に期待

 噂では今月20日に開催されるAppleEventで新型iPadProが発表されるのだとか。新型の内容次第によるけど、おそらく12.9インチの新型が出れば買ってしまうと思う。Mi mix foldもPS5も欲しいし買いたいモノが渋滞していて財布が危ない。

 4月20日開催予定のAppleEventの内容次第でiPadを買い換えるかもしれない。買ったらまた記事にする。

コメント

  1. […] iPad Pro12.9インチが欲しいので11インチから買い換えるメリットを考える<!… […]

タイトルとURLをコピーしました