Galaxy Tab S8+/Ultra【Apple嫌いへの福音?】

Android

僕は絵描きや日頃のネットサーフィンのために、iPad Proシリーズを愛用している。かつては11インチ、去年の今頃からは12.9インチを累計で2年間ほど使い続けている。

以前はAndroidタブレットを使っていた頃もあるんだけど、iPad Proの性能・快適さ・ペン性能に慣れてしまうともうその辺のタブレットには戻れない。全てにおいて最高峰のタブレットで、重さと大きさ以外の弱点がまるで存在しない。その2つにしても大画面とのトレードオフなところはあるし。

今日本国内で正規に入手可能なタブレットの99.9%は劣化iPad Proだから安い以外の買う理由はない、でもこの状況を変える可能性のあるタブレットがどんなメーカーからであれ出ることを期待したい。そんな感じでiPad Proの長期レビュー記事は締めくくったと思うけど、

このiPad Pro一強状態に変化をもたらす可能性のあるタブレットがついに現れた。

Galaxy Tab S8+ & S8 Ultra (ギャラクシータブ S8+ & S8ウルトラ)|Galaxy公式(日本)
GalaxyタブレットTab S8シリーズは、大容量バッテリーとGalaxy史上最速チップを搭載しゲーミングに最適。付属のSペンを使えば自由に絵を描けます。

Galaxyでお馴染みSamsungの送り出すタブレット、Galaxy Tab S8シリーズ。実は割とiPadからの乗り換えを真剣に考えていて、今回の記事を書きながらその実力を探っていきたい。

Galaxy Tab S8+/Ultraのスペック

まずはGalaxy Tab S8シリーズのスペックをiPad Pro12.9インチと比較してみる。Galaxyには+・Ultraに加えて最廉価の無印版もあるけど、日本国内では展開されないようなので今回は無視。

Galaxy Tab S8+Galaxy Tab S8 UltraiPad Pro2021
画面サイズ12.4インチ14.6インチ12.9インチ
画面解像度2800×17522960×18482732×2048
CPUSnapdragon 8 Gen1Snapdragon 8 Gen1Apple M1
メモリ8GB12GB8GB
ストレージ128GB256GB256GB
生体認証指紋認証指紋認証顔認証
重量567グラム726グラム682グラム
サイズ285.0×185.0×5.7mm326.4×208.6×5.5mm280.6×214.9×6.4mm
値段115500円未発表141800円

S8+とUltraは画面サイズ以外だとメモリとストレージの容量で差別化されている。

Galaxy Tab S8+/Ultraの特徴

Galaxy Tab S8シリーズの特徴をまとめるとこんな感じ。

  • Snapdragon 8 Gen1搭載
  • 8/12GBのメモリ
  • 12.4/14.6インチ有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hz
  • 画面内指紋認証搭載
  • Sペン対応
  • DeXモード
  • 45W急速充電
  • クアッドスピーカー
  • microSDカードスロット搭載

順番に見ていく

Snapdragon 8 Gen1搭載

+/Ultra両方とも現時点でのAndroid向けチップの最高峰、Snapdragon 8 Gen1を採用している。スマホだとこれ以上の性能向上はゲーム以外ほぼ使いみちがなくなりつつあるように感じるけど、PCと同じようにクリエイティブな用途にも対応可能なタブレットなら話は別。

さらなる性能向上により、イラスト作成や動画編集、フォトレタッチなどの作業性が高まることは間違いなし。

8/12GBのメモリ

S8+は8GB、Ultraは12GBのメモリを搭載している。スマホなら8GBでも必要十分を遥かに超えているように感じるけど、動画編集や多数のレイヤーを管理するイラスト・写真編集ならこのレベルのメモリも必要になるだろう。

12.4/14.6インチの有機ELディスプレイ

S8+とUltraの最大の違いはこの画面サイズ。両機種とも画面比率は16:10でiPad Proよりも横に長く、S8+は12.4インチ、そしてUltraはiPad Proすら上回る14.6インチもの大画面を採用している。Windowsタブレットを別にすればこれほど大きな画面のタブレットは他に例がなく、この大画面だけでもS8Ultraという製品に存在価値が生まれている。

Ultraの影に隠れがちだけどS8+も12.4インチの画面は十分大きいし、iPad Proの11インチと12.9インチの間を埋めるようなサイズでいいポジション。

もちろん有機ELだから明るさ・発色・コントラストも最高峰のディスプレイのはず。エンタメにもクリエイティブにも活躍しそうなディスプレイ。

リフレッシュレート120Hz

もちろん両方ともディスプレイのリフレッシュレートは120Hz。iPad Proもそうだけど10インチ以上の大きな画面で120Hzだとすごく変化が大きく感じる。

画面内指紋認証搭載

地味に嬉しい点なんだけど、S8+/Ultra共に画面内指紋認証を搭載している。マスク社会の最近は顔認証しか無いiPad Proはロック解除が地味にストレス。指紋認証がなくても良かったとなる場面はあるかもしれないけど、少なくとも無いほうが良かったなんて場面は無いはず。顔認証にこだわること自体は悪いことじゃないけど指紋認証もつけて欲しい。

Sペン対応

S8+/Ultra共にSamsungのスタイラスペン、Sペンに対応している。かつては精度・追従性がイマイチだったらしいけど、改良を重ねて近年ではApplePencilにも見劣りしないほどまで完成度を高めたらしい。(Samsung談)

充電方法はちょっとAppleを意識しているように感じるけど、あちらと違ってショートカット操作は物理ボタン。

何より嬉しいのはこのペンはAppleと違って別売りではなく、タブレット本体を買えば標準で同梱されていること。ApplePencilは買えば15000円ぐらいだから、Galaxy Tab S8シリーズは見た目以上にお買い得とも考えられる。

DeXモード

Samsungの一部スマホ・タブレット(S8シリーズも含む)には、AndroidをWindows風のデスクトップ画面を備えたインターフェースに変身させることができる「DeXモード」が備わる。

有効にするとまるでノートパソコンのように利用でき、画面分割の自由度が大幅に高まったり、ファイルのドラッグアンドドロップも割と自由に行えるようになる。

ただし一部のアプリは不安定だったり、そもそも対応していなかったりするらしい。ノートパソコンを買えば良いじゃないかと言われればそれまでだけど、ロマンがあって面白そう。

45W急速充電

両機種とも45Wの急速充電に対応している。iPad Proも12.9インチは対応しているんだけど、残念ながら標準では充電器はついてこない。

クアッドスピーカー

両機種とも本体の両側面に2つずつ。計4つのスピーカーを搭載している。これまたiPad Proと同じだけど、その実力はどれ程だろうか。

microSDカードスロット搭載

最後に+/Ultra両機種ともmicroSDカードスロットを搭載している。iPad Proと違ってストレージを後から容易に拡張できるのは嬉しい。

Galaxy Tab S8+/UltraはApple嫌いへの福音?

2015年にiPad Proが出てから、「パソコンに近いことができるハイエンドなタブレット」というジャンルはほぼ一貫してiPad Proの一強であり続けていた。特に国内ではApple以外の選択肢はこのジャンルでは事実上存在しないと言ってもいいぐらい。海外だとGalaxyが孤軍奮闘しているおかげで完全にAppleの独占では無かったけど、それでも圧倒的優位ではあった。

ネット上にはApple製品を使いたくない勢力は多少なりとも存在するし、その層に刺さればそこそこ売れるような気がするんだけど、そこにチャレンジするメーカーは現れなかった。

そんな中で、遂にSamsungが勇気を出してGalaxy Tab S8シリーズを国内でも展開してくれた。この英断には心の底から拍手したい。ガジェットに限らずどんなジャンルでも競争が発生しない分野は基本的に緩やかな衰退をたどっている。国内でもGalaxyという競争相手が現れれば、Appleもより本腰を入れてその対策をするはず。ついにハイエンドタブレットでも市場競争の原理が働く兆しが見え始めた。

【弱点?】Androidはタブレットを前提に設計されてない。

ここまで基本的には称賛してきたGalaxy Tab S8+/Ultraだけど、唯一にして重大な懸念がこの問題なんだ。iPadOSというiOSと独立したOSによって、大画面を前提としたインターフェースに日々改良を重ねているiPadに対し、Galaxyに限らずAndroidタブレットは基本的にスマホのUIをそのまま持ってきただけに過ぎない。

もちろんメーカー側で小改良はされている場合もあるんだけど(Samsungもタブレット向けの改良は実施している)、所詮は付け焼き刃である以上その完成度、使いやすさはiPad(iPadOS)には及ばないだろう。

恐らくこれを補うためにDeXモードが搭載されているんだろうけど、その実力は未知数。

S8+は既に発売済み、Ultraは6月発売予定

そんなAndroidタブレット界の希望Galaxy Tab S8+/Ultraだけど、S8+は既に発売されていてAmazonでも普通に購入できる。

S8Ultraの方はまだ買えず、6月下旬の発売が予定されている。AmazonにはS8Ultraが既に出回っているけど、これはあくまで並行輸入品。メーカー保証はないので覚悟完了した人以外はやめておいたほうが良い。

自分で買うとしたらUltraはいくらなんでも大きすぎるので、S8+になると思う。まだまだiPad Proは元気だけど、もしかしたら手を出してしまう可能性はある。もうすぐボーナス出るし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました