ProcreateのQuick Menu機能が意外に便利だった件

iPad

最近絵をまた描くようになったんだけど、使用アプリは相変わらずProcreate。iPad専用のアプリだから使いやすいし、画面上に覆い被さるUIも最低限。それに言葉ではうまく言い表せないんだけどなんか描いてて楽しい。そんなProcreateにはQuick Menuというショートカットがあって、以前はまるで使いこなせなかったんだけど使い方を勉強して覚えたので共有しておきたい。

Quick Menuとは

そもそもQuick Menuとは、Procreateに標準搭載されている機能でショートカットボタンをキャンバス上に表示できる機能。

使い方を知ったのはつい最近の話なんだけど正直もっと早く覚えるべきだった。

通常ならキャンバスの端のアイコンまで指かペンを伸ばしたり、何回かアイコンを選んでタップしないと実行できなかった機能を1ステップで実行できるようになる。

Quick Menuの実行方法

それじゃどうやって起動するのかなんだけど起動方法は割と自由に設定できる。「アクション」→「環境設定」→「ジェスチャーコントロール」を選択し、

Screenshot

そこから設定できる項目の中にQuick Menuも入っている。Quick Menuの起動方法はただのタッチやタップしてホールド、3本指や4本指でのアクションなど色々設定できるけど、僕が1番気に入ったのはApple Pencil Proになって追加された新機能「スクイーズ」に割り当てる方法。

これならペンを握ったまま強く握るだけで発動できるから非常に楽。ダブルタップには消しゴムを割り当てて、それ以外で重要なアクションをスクイーズからのQuick Menuに割り当てればほとんどの動作をApple Pencilから行えるので非常に便利。流石に左手デバイスには割り当てられる機能は勝てないかもだけど、スクイーズとQuick MenuはiPad本体とペンシルだけでできることに意義がある。

Quick Menuのカスタマイズ方法

そんなQuick Menuはデフォルトだと絵を描くには正直微妙なので、当然カスタマイズしていくことになる。

Quick Menuで表示されているアイコンを長押しすると、そのアイコンに割り当てられている機能が変更できる。

ボタンに選べる機能は非常に豊富。同じ機能を複数登録することもできる。

例えば6つにそれぞれ別のブラシを割り当てれば最大6つのブラシをライブラリを開かずに切り替えて使うことができるし、ゆがみやぼかし、調整ツールなど結構実行までの操作数が多いアクションを割り当てれば時短にもつながる。

一つだけしか作れないなんてことはなくてプリセットはいくつか登録しておける。中央のアイコンを長押しして切り替え可能なので少し手間は増えるけど6つ以上の動作を登録することもできる。

自分の割り当て

そんな僕のQuick Menu割り当てはこんな感じ。

  • 変形ツール
  • 選択ツール
  • 新規レイヤー
  • ゆがみ
  • スタジオペン
  • 製図ペン

変形・選択・ゆがみは描いてる途中に、「なんか違うなー」ってなった時にあれこれ移動して調整したりするのによく使ってる。大雑把に変えるときは選択してからの変形、微調整はゆがみが便利だなって印象。

スタジオペン、製図ペンはよく使うペン2つ。製図ペンは線画、スタジオペンは影を塗ったりするのによく使う。最後に新規レイヤーなんだけど、これレイヤーパネルを開かずにレイヤーを追加できて便利そうって思ったんだけど、実際にやってみると単に現在のレイヤーの上に新規レイヤーが追加されるだけなので絶妙に使い勝手が悪い。

実際のイラスト作成ではモード変更・透明度変更、クリップなどの調整が必要になるので単にレイヤーが追加されるだけでは微妙。たぶんこのショートカットは近いうちに別の何かに変えると思う。

最後に

自分の割り当てを紹介したりもしたけど、描き方や描く絵の種類は人によって全く違うし、スタイルが変われば最適な割り当ても変わってきてしまう。僕の割り当ては、「へえ〜こういうのもあるのか」って程度の参考にしていただきたいし、自分にとって最適な割り当てをみんな探して見てほしい。僕も現状以上の最適があるかもと考えて定期的に見直しを図っていきたい。

最近の絵はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました